product_img_f_20842795

product_img_f_22151288

design_img_f_1842580_s

https://www.ttrinity.jp/shop/teito_tshirts/design/1842580
https://www.ttrinity.jp/product/2979439
https://www.ttrinity.jp/product/3069590


保元の乱での活躍や、椿説弓張月などの伝説で知られる、日本史上でおそらく最強の豪傑にして剛弓無双、鎮西八郎源為朝のTシャツです。



Chaina史の有名な豪傑、三國志演義の呂布や、秦末楚漢の項羽に勝るとも劣らない、個人の武勇に優れた豪傑を、と日本史を見渡した時、真っ先に白羽の矢が立つ存在ではないでしょうか。


源為朝とは - コトバンク

為義の八男で義朝の弟。七尺ほど(2m10cm)の大男で、目の隅が切れあがった容貌魁偉な武者。
強弓の使い手で、左腕が右腕よりも4寸(12cm)も長かったという伝説があります。
幼少より勇猛で傍若無人、兄たちにも遠慮がありませんでした。
13歳のとき父の不興を買い、鎮西(九州)に追放され鎮西八郎と称します。
その後、自ら鎮西総追捕使を称して暴れまわり、菊池氏、原田氏など九州の豪族たちと数十回の合戦や城攻めを繰り返し、3年のうちに九州を平らげてしまいます。
朝廷より召喚されても応じず、そのため父為義が検非違使を解官されたことを知ると、九州の強者28騎を率いて上洛、保元の乱では為義に従い崇徳上皇方で奮戦します。
『保元物語』によれば、内裏高松殿に夜討ちをかけるよう上皇に進言したものの藤原頼長の反対に遭い容れられず、白河殿西門を固めました。その際、攻め寄せた兄義朝と相まみえ、わざと義朝を射殺さず、その弓の技量を示して官軍を震え上がらせた話は有名です。
敗北後は再起をかけて近江に逃れ、父為義の処刑後も近江国坂田の辺に隠れていましたが、源重定に捕らえられます。
公卿詮議の結果その優れた射芸により死罪を免れ伊豆大島へ流されますが、配流後またも近隣諸島を従えて勢力を張ります。
そのため伊豆介工藤茂光の追討を受け自害したともいわれていますが、その際、300人ほどが乗る軍船に向けて得意の強弓を射かけ、見事に命中し、船をたちまち沈めてしまったという逸話もあります。
また、為朝に関する伝説は多くあり、自害せず逃れて八丈島に渡った話や、琉球へ渡り琉球王の祖となったなどの伝説があります。
近世、滝沢馬琴が著した『椿説弓張月』も為朝伝説をもとにしたものです。

椿説弓張月、まだ読んだことがありませんが、是非手に取りたいと常々思っている物語です…!





- - - - - - - -

尚、我が帝都Tシャツ店が販売委託している、デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】のTシャツですが、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。

下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html


また、「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストがあれば、是非。