product_img_f_22701206

黒柄・半袖 - Black Design/Short


product_img_f_22701305

黒柄・長袖 - Black Design/Long


design_img_f_1875933_s

黒柄 - Black Design







土佐勤王党〜長州内尊攘派として活動し、坂本龍馬と共に薩長同盟締結に奔走した土佐脱藩尊攘派志士の巨魁、陸援隊隊長・中岡慎太郎のTシャツです。

中岡慎太郎とは - コトバンク

やはり、なんと言っても龍馬と共に成し遂げた薩長同盟締結が最大の功績と言える中岡。
中岡慎太郎の陰日向における功労は当時を知る人々に語られています。



「薩長和解は、坂本龍馬が仕遂げたというも過言ではないが、私は内実の功労は中岡慎太郎が多いと思う。中岡は、高杉がまだ長州の内訌を回復せぬ前、四境には兵がかこんでおる。ことに遊撃隊に身をおいて、その苦心は一方ならぬものがあった。坂本は私どもが五卿を迎えて国に帰った後に来た人であるから、どれだけ功労があったかは知らぬが、私は中岡の功労はよく知っている」
「長州における坂本と中岡の周旋を見るに、はでなことは坂本に属するが、中岡はどうかというに、この人ほど苦心した者はないと思う」(以上、早川養敬(福岡藩医、尊攘派志士、明治時代の官僚))

「世間で名高くなっている坂本龍馬よりは、ある面で優れていたかと私は思っている。中岡慎太郎という男は立派に西郷、木戸と肩を並べて参議になるだけの人格を備えていた」(板垣退助)

「元来、土佐の王政復古論の筆頭は坂本龍馬だということになってはいるが、或は中岡慎太郎の方ではないかと自分は思っている。一寸ここで坂本と中岡の人物を評して見るなれば、中岡は後の板垣(退助)、坂本は後藤(象二郎)という形である。中岡坂本両人共に(武市)瑞山の後継で二重鎮であった。ちょうど長州を例にとっていえば、松蔭門下の久坂玄瑞、高杉東行というところである。人物の風格も似ていないではない」
「中岡は台閣の器であり、坂本は広野の猛獣であった。一は宰相の風があり、一は豪傑の面影があった。此の二人を土佐が早くも失ったのは返す返すも惜しいことをしたものである」(以上、大江卓(土佐出身、明治~大正の政治家・実業家))

「中岡先生は坂本先生と終始仕事を一緒に致しましたけれども、坂本先生の名が最も広く世界に伝わって居ります。しかし、私は其の識見に於て、其の手腕に於て、中岡先生の方が遥かに優って居ったと思います。維新の原動力が三条、岩倉両公にあることを達観して、両公を握手させたのも先生であります。坂本、後藤に先だって政権を朝廷に奉還せねばならんと言う意見を唱道したのも先生であります。こう言う活眼の人が維新後まで生残って居たなら、吾々土佐人の肩身も一層広かったであろうと誠に遺憾に堪えないのであります」
「先生は弁舌さわやかで、剣をもって坂本龍馬より上であったろう。障害になる人物が現れると、先生が行けば一時間の猶予も必要でなかった。一時間以内に意のままに説き伏せて帰って来た」
「頗る真面目な人で即ち精神家であった。精神家であるだけ、なかなか神経質な所があって、一時は脳を悪くし養生かたがた水戸の住谷寅之介を訪ねたり、信州に佐久間象山を訪ねたりした。品行なども絶対に酒色を遠ざけるという程に融通の利かぬ男ではなく、終始その起居を共にした自分としては天機漏らす可らざる事も知って居るが、大体に於いて謹厳な男で、その性格がよく西郷に似ていた。中岡は何時も西郷の人物を推賞し、西郷もまた中岡を賞賛して居た」(以上、田中光顕(土佐出身、明治~昭和の官僚、政治家))





#tee #tshirt #Tshirts #Tシャツ #日本 #japan #幕末 #志士 #明治維新 #samurai #土佐 #土佐勤王党 #高知 #陸援隊 #tosa #kochi #長州 #山口 #yamaguchi #京都 #kyoto #中岡慎太郎 #nakaokashintaro #薩長同盟 #alliance #近江屋 #暗殺 #assassination #脱藩 #下関



- - - - - - - -

尚、我が帝都Tシャツ店が販売委託している、デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】のTシャツですが、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。

下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html


また、「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストがあれば、是非。