DHbv90pUIAAoVvb
少し前の話なのですが、2017年9月26日(火) ~ 2017年11月26日(日) まで東京国立博物館で行われていた興福寺中金堂再建記念特別展『運慶』に行ってまいりました。

特別展『運慶』公式サイト
http://unkei2017.jp/

平安時代末期~鎌倉時代初期に活躍した、日本で最も名高い仏師、運慶。

運慶とは - コトバンク

現在、運慶作あるいはその可能性の高い仏像は各地に計31体が残るとされている内、この展示には22体が集結、これまでで最大の『運慶』展でした。

特別展「運慶」紹介映像


個人的には、運慶と聞くと 夏目漱石『夢十夜』の第六夜で登場する運慶の仁王を彫る鑿と槌捌きがパッと思いつきます。

【字幕朗読】夢十夜 夏目漱石 第六夜 運慶の情熱と明治の魂


【夢十夜】 第六夜 こんなのもあります!夢十夜のオムニバス映画の一編です。


修学旅行の定番、奈良・東大寺南大門の金剛力士立像も運慶の作で、目にしたことはもちろんあったのですが、なにぶん若かったですし…これまで、その実物を運慶作と意識して生でじっくり味わうという機会はなかったので、とても感慨深く観てまいりました。

「運慶」展、東京国立博物館で開催 22体が勢揃い


実際に眼の前にしたそれらの仏像たちは、運慶以外の慶派の仏師のものも含めて、本当に驚くべき仕事でした。

玉眼が炯々と輝いて、卓越した造形力とまるで生きているかのような写実性、という運慶の特徴を遺憾なく感じることができ、何百年もの時空を超えてこんな風貌の人が実際にいたのだろうな、と思わされる現実味はため息モノでした。

22196362_322961244780112_476039565970878916_n

uid000186_2017062211174669647ec9

世界のどこに持って行っても吃驚されるのではないでしょうか。

516unnkei9

モデルがいたのでしょうかね。

myoe-dog00_1

どうなんでしょう。

意外なことに運慶の研究はまだまだ発展途上だとのことで、ここ15年の間にも、少なくとも3件、運慶作の可能性が高い仏像が明らかになっているそうです。
ですのでこれからまだまだどんどん色々なことがわかってくるのかもしれません。

いつか、それぞれ実際に寺院で拝観すると、またより一層神秘的な趣で感じられるかもしれない、と想像しました。

そして、もしかしたら、運慶作の仏像モチーフのTシャツ、というのも良いかもしれません…!



あと、これだけは書いておきたいんですが…
閉館時間の対応がお役所仕事過ぎてビッッッッッッックリしました…!
東京国立博物館…お役所なんだろうけどさぁ…
ぎりぎりまで展示を拝観してから出てきた人もたくさんいる中で、グッズコーナーくらい30分程度は開けておいたらいいのに、時間ピッタリにまだまだ物色している人も多い中でサーッと撤収…
トイレも、時間ピッタリに閉鎖!

へんなの!

#Tshirts #Tシャツ #歴史 #history #歴史関連情報 #展示 #展覧会 #東京国立博物館 #日本 #japan #彫刻 #仏像 #東京 #興福寺 #慶派 #運慶 #平安時代 #鎌倉時代 #Sculpture #carving #Tokyo #statue #BuddhaStatue #Unkei #Exhibition #national #仏師 #museum #sculptor #infomation

- - - - - - - -

尚、我が帝都Tシャツ店が販売委託している、デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】のTシャツですが、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。

下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html


また、「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストがあれば、是非。