product_img_f_22149781

product_img_f_22149817

design_img_f_1865929_s

https://www.ttrinity.jp/shop/teito_tshirts/design/1865929
https://www.ttrinity.jp/product/3069481
https://www.ttrinity.jp/product/3069482


イーハトーヴが世界に誇る宝石、宮沢賢治のTシャツです。


添えた言葉”ZYPRESSEN”は、詩集「春と修羅」の第一集「春と修羅」(mental sketch modifed)の中で幾度か繰り返される言葉で、ドイツ語で糸杉を意味します。
ファン・ゴッホが度々モチーフにする糸杉…彼らのような感性に、洋の東西を問わず訴えかける何かがあるのでしょうか。


宮沢賢治とは - コトバンク

そして、宮沢賢治の青空文庫はこちらからどうぞ!

色褪せることのない276品もの作品が無料で愉しめます…本当に、いい時代ですね 笑

その世界の魅力の一端を列挙するなら、自らの裕福な出自と、郷土の農民の悲惨な境遇との対比が生んだ贖罪感や自己犠牲精神や、幼い頃から親しんだ仏教の影響、良き理解者としての妹トシの死が与えた喪失感、そしてなんといっても旺盛な自然との交感力です。
賢治作品の持つ圧倒的魅力はこの天性を抜きには説明できません。
また、童話作品においては擬声語(オノマトペ)を多用、作品によっては韻文にも近いリズム感を持った文体を使用したことも大きな特徴です。
さらには作品に流れる世界主義的な雰囲気と、遺作『銀河鉄道の夜』に見られるようにキリスト教的な救済信仰をも取り上げ、全人類への宗教的寛容に達していたことが垣間見られます。
(Wikipedeiaより抜粋・加筆)

映像作品化もなされている賢治作品の数々。
中でも個人的に素晴らしいと感動した作品群が、
2013年、NHK-BSプレミアムで放送された「80年後のKENJI ~宮沢賢治 映像童話集~」というもの。
宮沢賢治イーハトーブの世界を、実写やCG、アニメーションなど様々なアーティストが様々な方法で演出、映像化するといった企画でした。
残念ながらDVDやBlu-rayなどへのパッケージ化はされておらず、NHKのアーカイブ等にもないようでした。
ただ、下記のように動画共有サイトには一部アップされていました。
探し方によっては殆どの作品を視聴することが可能かもしれません。
すばらしい作品群なので、是非パッケージ化してほしいと、願ってやみません。
















- - - - - - - -

尚、我が帝都Tシャツ店が販売委託している、デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】のTシャツですが、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。

下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html


また、「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストがあれば、是非。