宮本武蔵 歴史人物Tシャツ Historical Figures 048

product_img_f_22726455

黒柄・半袖 – Black Design/Short

product_img_f_22726506

黒柄・長袖 – Black Design/Long

design_img_f_1876224_s

黒柄 – Black Design

吉岡一門との死闘や巌流島での佐々木小次郎との決闘で知られ、その生涯に六十度の勝負で無敗であったという、最も著名で最強の剣豪、二刀流兵法二天一流開祖・宮本武蔵のTシャツです。

宮本武蔵とは – コトバンク

巌流島の戦いなど、武蔵に関わる物語は江戸時代から脚色されて歌舞伎、浄瑠璃、講談などの題材にされ、吉川英治が1930年代に朝日新聞に連載した小説『宮本武蔵』によって最強の青年剣士武蔵のイメージが一般に広く定着したといいます。

その後はコンスタントに小説が物され、映画化に関しても、片岡千恵蔵・三船敏郎・中村錦之助(萬屋錦之介)ら錚々たる名優たちの主演でシリーズ化され、TVドラマ化、漫画化もされてきました。

私にとって個人的に武蔵と言えば、『SLAM DUNK』『リアル』などの井上雄彦が1998年から連載してきた漫画『バガボンド』です。

kSVhDwr

“剣豪・宮本武蔵を主人公とし、戦国末期から江戸時代の転換期、剣の時代の終わりがけを舞台にその青春期を描く。巨大な歴史の転換点で、出世の夢が破れた武蔵が剣士として自己を確立しようともがく様、また巌流島で武蔵と決闘したことで有名な佐々木小次郎を筆頭とする、武蔵と関わる複数の武芸者が描かれている。
吉川の小説が原作だが、武蔵の実姉が描かれていなかったり、佐々木小次郎がろう者であったりと、キャラクターや物語には井上独自のアレンジが大きく加えられている。題名の「バガボンド(vagabond)」とは英語で“放浪者”、“漂泊者”という意味である。”(Wikipediaより)

アートとしての格好良さも、登場人物や内容の奥深さも凄まじく、本当にどんな年代の人々も興味深く読める作品ですよね。
書いていてまた読み直したくなってきました…

このブログで度々取り上げるNHK大河ドラマでは2003年に、七代目市川新之助(現・十一代目市川海老蔵)主演で『武蔵 MUSASHI』として制作されました。
私もバガボンドの影響もあって見ていましたが、若き海老蔵さんの演技がちょっと一本調子だったかなという印象でいました。
それを思い起こせば、今年の大河ドラマでの織田信長の怪演ぶりは役者としての成長も感じられて素晴らしいと思いますね…
大変な苦労もしてらっしゃいますしね…

『武公伝』に、「武公平居閑静して(中略)連歌或は書画小細工等を仕て日月を過了す、故に武公作の鞍楊弓木刀連歌書画数多あり」と書かれているという武蔵。
十数点の水墨画の遺品があり、禽鳥類の描写を得意とし、その筆法は宋元画の減筆体を根底にして剣客らしい覇気に満ちているとされます。
主要作品は『枯木鳴鵙図』、『鵜図』、『布袋観闘鶏図 』など。
その他伝来が確かな武蔵作の工芸品として、黒漆塗の「鞍」、舟島での戦いに用いた木刀を模したとされる「木刀」一振、二天一流稽古用の大小一組の「木刀」が松井家に残されているそうです。

さらに代表的著作とされる『五輪書』は、二天一流の剣の道をつづるとともに剣禅一如の思想的境地をしめす著作であり、「The Book of Five Rings」として海外でも知られています。

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #日本 #japan #剣豪 #剣客 #swordsman #浪人 #ronin #samurai #expert #二刀流 #二天一流 #doubleblade #決闘 #duel #宮本武蔵 #miyamoto #musashi #戦国 #江戸 #五輪書 #bookoffiverings #founder #swordsmanship #熊本 #美作 #岡山

– – – – – – – –

尚、我が帝都Tシャツ店が販売委託している、デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】のTシャツですが、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。

下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html

また、「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストがあれば、是非。

コメントを残す

CAPTCHA