大村益次郎(村田蔵六) 幕末・明治 長州 歴史人物Tシャツ Historical Figures 076

黒柄・半袖 – Black Design/Short

黒柄・長袖 – Black Design/Long

黒柄 – Black Design

長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮して天才的な軍才を振るい、明治新政府では兵部大輔にまで登りつめた日本近代軍制の創始者・村田蔵六こと大村益次郎のTシャツです。

大村益次郎(村田蔵六)とは – コトバンク

司馬遼太郎の歴史小説『花神』と、1977年の15作目の同名の大河ドラマの主人公としても知られる大村益次郎。

タイトルの花神とは「花咲か爺」のことで、枯れ木に花を咲かせるように、大村がその軍才で革命の花粉を日本全土に広めていった様を喩えているそう。
司馬は本作で、軍事的才能とは訓練や教育で育成することが不可能な天賦の才であり、戦術的天才を「人間の才能のなかでもっとも稀少」なものとし、
いわゆる名将とは「一民族の千年の歴史の中で二、三人も持てば多すぎるほど」と述べ、幕末には無数の人材が群がり出たものの軍司令官として相応しい戦術的天才は大村ただ一人を除いてついに出なかったと評しています。
(wikipediaより)

文政8年5月3日、周防国の村医村田孝益の長男として生まれます。
蘭学者・緒方洪庵に師事。洋式兵学の専門家として宇和島藩に招かれてから、幕府に出仕、蕃書調所、講武所(教授)を経て長州藩に仕えます。
一藩を超越した開明的知識人の発想をもち、伊藤博文らの海外密航も斡旋。第二次長州戦争に備えて藩の軍制改革に従事、平民軍の編成に貢献します。
また、新式銃装備の充実に尽力し、購入のため自ら上海にも渡っっています。
1866年の開戦に至ると、石州口参謀として優れた戦略を発揮。王政復古後には明治新政府の軍事指導者となり、戊辰戦争では彰義隊征討に戦功をあげました。

1869(明治2)年兵部大輔となります。封建制の解体が進んでいた長州藩の立場を背景に、兵権を天皇に帰属させた全国常備配置の「御親兵」を編成し、
ゆくゆくは国民皆兵をもって財政と両立させること、当面はフランス式軍制に拠りつつ、軍政の根拠地を京阪地方に置くことなど、国軍の基礎を建設する構想を実行に移すべく1869年7月視察に西下した。

おりから、その政策は、武士層の特権剥奪、洋式模倣の弊害をもたらすとして攘夷派の敵意を集めており、同年9月、同じ長州の不平分子らに京都の旅宿で襲撃され負傷、11月5日敗血症で死去。46歳。

その遺志は、山県有朋ら長州系軍政家に継承され、やがて徴兵令の制定に発展します。また、1893年東京・靖国神社に銅像が建立されました。
(日本大百科全書 より)

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #歴史 #人物 #歴史Tシャツ #日本 #tシャツトリニティ #幕末 #明治 #戊辰戦争 #医者 #学者 #長州 #山口 #陸軍

– – – – – – – –

帝都Tシャツ店は、豊富なラインナップをお客様に楽しんでいただけるよう、
デザインTシャツの受注生産販売WEBサイト「デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】」を通じて、
Tシャツを販売しております。
こちらですと、お好きなデザインのTシャツを、お好みのサイズ・色のTシャツでお求めいただけてたいへん便利な上、
様々なラインナップをご用意できるメリットがあります。

尚、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。
下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html

「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストもいつでも
受け付けておりますので、SNS等でお気軽にお声かけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA