福澤諭吉 歴史人物Tシャツ Historical Figures 077

黒柄・半袖 – Black Design/Short

黒柄・長袖 – Black Design/Long

黒柄 – Black Design

幕末から明治中期の日本を代表する開明的な啓蒙思想家、慶應義塾の創設者であり明治六大教育家として列される福澤諭吉先生の、若き侍姿のTシャツです。

福澤諭吉とは – コトバンク

幕臣時代の1862年、渡欧した時にパリの国立自然史博物館にて撮影された写真がモチーフです。

(旧1万円札)

専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、神戸商業講習所(後の神戸商業高校)、土筆ヶ岡養生園(後の北里研究所)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力。
さらに新聞『時事新報』の創刊者で、東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長も務めました。

幕末から明治中期の日本を代表する洋学者、啓蒙家である諭吉先生は、豊前中津藩の下級武士の子として大坂藩邸に生まれました。

1855年緒方洪庵の適々斎塾に学び、塾頭となりますが、1858年藩命により江戸へ出、築地鉄砲洲に蘭学塾を開きます。
一方で英学も独習し、1860年咸臨丸渡米に随行。1861年翻訳方として幕府遣欧使節にも随行し、1867年には幕府の軍艦購入使節に加わり再渡米します。

こうした欧米渡航により、近代文明をつぶさに見聞し、従来の和魂洋才的理解でなく、資本主義文明をそれを生み出した精神から理解しようとしました。

明治維新のとき蘭学塾を芝新銭座に移して慶応義塾(慶応義塾大学)と名付けると、明治政府への出仕を辞退し、民間にあって教育と著述に専念しました。

その思想は、西洋近代の文明によるアジアの後進性からの脱却、いわゆる脱亜論を説き、また個人の独立、自由、平等は天賦のものであるとして、儒学に代わる実学の必要を主張するものでした。

《学問のすゝめ》《西洋事情》《文明論之概略》の3著作によって明治初期の思想界に大きな影響を与え、《明六雑誌》《民間雑誌》に発表した多くの啓蒙的論文も大きな役割を果たしました。
1882年には《時事新報》を創刊して官民調和を唱え、〈尚商富国〉の主張は〈富国強兵〉に連なるものでもありました。
また自由民権運動には批判的であり、日清戦争には熱烈な支持をしていました。
(百科事典マイペディア より)

(現1万円札)

余談ですが、日本でもっとも多くの文学に接した文芸評論家・小林秀雄が、「日本でもっとも優れた小説」と語っているのが『福翁自伝』だそう。
未読の方は是非どうぞ…!

福翁自伝 – 青空文庫

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #歴史 #人物 #歴史Tシャツ #日本 #tシャツトリニティ #幕末 #明治 #学者 #教育 #思想家 #啓蒙 #著述家 #洋学 #慶応義塾 #一万円紙幣

– – – – – – – –

尚、我が帝都Tシャツ店が販売委託している、デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】のTシャツですが、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。

下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html

また、「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストがあれば、是非。

コメントを残す

CAPTCHA