平清盛 平氏 武将 歴史人物Tシャツ Historical Figures 041

product_img_f_22551606黒柄・半袖 – Black Design/Short

product_img_f_22551657黒柄・長袖 – Black Design/Long

design_img_f_1873571_s黒柄 – Black Design

保元、平治の乱で勝利して武士として初めて太政大臣に任じられ、日本初の武家政権を打ち立てて栄華を極め、平家の全盛期を現出した平相国清盛入道浄海のTシャツです。

平清盛とは – コトバンク

『平家物語』における悪虐、非道、非情の描写から、かつての清盛は成り上がりの暴君・傲慢な性格の持ち主とのイメージが定着していましたが、現在では実際の人物像は温厚で情け深いものだったとも言われています。
また政治上手の戦下手として描かれることも多いですが、平治の乱で複数の部隊を連携させた戦術で藤原信頼軍を撃破し、御所や市街地の被害も最低限に抑えることに成功しており「洗練された戦法」を得意とする優秀な武将でもあったとされています。

平清盛が平安末期に絶大な権力を握れたのはナゼ? 院政と合わせて解説

その昔時々目にしていた、NHK人形劇として放送されていた『人形歴史スペクタクル 平家物語』ではやはり再評価前のイメージでしたね。

2012年にはNHK大河ドラマ『平清盛』として取り上げあられ、人気俳優・松山ケンイチがその生涯を熱演しておりました。
物語の舞台となる兵庫県の井戸敏三知事による「画面が汚い」との発言、皇室を「王家」と表現したことなど、様々な批判もあり不人気を言われた作品でしたが、これまでは源氏の敵役としてしか描かれてこなかった清盛の若き日のサクセスストーリー、その途上の政敵たちが描かれ、個人的にはとても興味深く毎週楽しみに見ていました。

松山ケンイチがの他、中井貴一の平忠盛、玉木宏の源義朝、岡田将生の源頼朝、神木隆之介の牛若丸 / 源義経、小日向文世の源為義、橋本さとしの源為朝、杏の北条正子、井浦新の崇徳院、三上博史の鳥羽院、山本耕史の悪左府、阿部サダヲの藤原信西などなどハマり役も多く、配役の良さはなかなかだったのではないかと思います。

#Tシャツ #tshirts #歴史 #武士 #平安 #平家 #平氏 #神戸 #福原 #保元の乱 #平治の乱 #太政大臣 #日宋貿易 #六波羅 #政治家 #tee #tshirt #japan #samurai #buddhist #tairaclan #military #leader #politician #日本

– – – – – – – –

帝都Tシャツ店は、豊富なラインナップをお客様に楽しんでいただけるよう、
デザインTシャツの受注生産販売WEBサイト「デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】」を通じて、
Tシャツを販売しております。
こちらですと、お好きなデザインのTシャツを、お好みのサイズ・色のTシャツでお求めいただけてたいへん便利な上、
様々なラインナップをご用意できるメリットがあります。

尚、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。
下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html

「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストもいつでも
受け付けておりますので、SNS等でお気軽にお声かけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA