樋口季一郎 帝國陸軍 歴史人物Tシャツ Historical Figures 082

黒柄・半袖 – Black Design/Short

黒柄・長袖 – Black Design/Long

黒柄 – Black Design

ユダヤ人救出、キスカ撤退、占守の戦いという「3つの奇跡」を起こした男、”もう一人の杉原千畝”とも称される帝国陸軍中将・樋口季一郎のTシャツです。

樋口季一郎とは – コトバンク

兵庫県淡路島出身の帝國陸軍軍人で、最終階級は陸軍中将。
歩兵第41連隊長、第3師団参謀長、ハルピン特務機関長、第9師団師団長等を歴任し、最終役職は第5方面軍司令官兼北部軍管区司令官。

ナチスのユダヤ人迫害時、旧満州国ハルビン赴任していた際に通称”ヒグチ・ルート”と呼ばれた脱出路を取り付け、4000人以上とも言われる多くのユダヤ人難民の命を救いました。

”もう一人の杉原千畝” ユダヤ難民救う 樋口季一郎とは(上)

また、1943年アッツ島玉砕、キスカ島撤退(いずれも対アメリカ)を指揮。
キスカ島撤退作戦では救援艦隊の木村昌福少将の要請を容れ、大本営の決裁を仰がずに独断で在留軍に、小銃を含めたあらゆる武器の海中投棄を指示して、乗船時間を短縮し無血撤退の成功に貢献しました。

キスカ島撤退作戦 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さらには敗戦後、1945年8月18日以降占守島、樺太における対ソビエト軍への戦闘を指揮。頑強に抵抗し、北海道の防衛に多大な功績を挙げた。

もう一つの「8月15日」 北辺の激闘-北海道を守った占守島守備隊

3つすべてが、それぞれに、非常に偉大な功績だと想います。
これほどの人物が母国日本ではあまり知られていないということに非常な違和感を覚えますが、
どんな状況においても、「日本人として大切にすべき人道」と「合理的な思考に立脚した正しい決断力」を発揮した名将であります。

最後に中西輝政先生のこちらの記事を。
樋口季一郎~ユダヤ人救出、キスカ撤退、占守の戦い…「3つの奇跡」を起こした男 – 中西輝政(京都大学教授)『歴史街道』2012年4月号より

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #歴史 #人物 #歴史Tシャツ #日本 #tシャツトリニティ #明治 #大正 #昭和 #ユダヤ #ヒグチ・ルート #陸軍 #北海道 #ロシア #ソ連 #樺太 #千島 #北方領土 #中将 #満州 #ARMY

– – – – – – – –

帝都Tシャツ店は、豊富なラインナップをお客様に楽しんでいただけるよう、
デザインTシャツの受注生産販売WEBサイト「デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】」を通じて、
Tシャツを販売しております。
こちらですと、お好きなデザインのTシャツを、お好みのサイズ・色のTシャツでお求めいただけてたいへん便利な上、
様々なラインナップをご用意できるメリットがあります。

尚、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。
下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html

「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストもいつでも
受け付けておりますので、SNS等でお気軽にお声かけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA