武蔵坊弁慶 源氏 豪傑 僧兵 歴史人物Tシャツ Historical Figures 088

Pocket
LINEで送る

黒柄・半袖 – Black Design/Short ①

黒柄・半袖 – Black Design/Short ②

黒柄・長袖 – Black Design/Long

黒柄 – Black Design

義経に仕える怪力無双の荒法師、怪力・豪傑の代名詞、武蔵坊弁慶のTシャツです。

武蔵坊弁慶とは – コトバンク

その生い立ちから数々の武勇伝、義経に対する忠義の果てに遂げた壮絶な死まで、今なお語り継がれる人気者。

比較的近年のドラマでは、松平健さんや青木宗高さんなどが演じた弁慶が記憶に残っていますが、
個人的には中村吉右衛門さんの弁慶のイメージです。

弁慶の立往生、弁慶の泣き所、弁慶の七つ道具、内弁慶などなど多くの慣用句にもその名を残しています。

弁慶とは~武蔵坊弁慶の逸話や最後の地となった衣川の戦いと弁慶の墓など

広く知られる弁慶の生涯は、『義経記』を中心とした後世に成立した創作を基にしたもので、当時の文献においては『吾妻鏡』に義経郎党の一人として名が記されているのみで、これは『平家物語』においても同様。
いずれも出自や業績、最期等については全く触れられていません。

『吾妻鏡』ほか『玉葉』によると、都落ちの後、周辺に潜伏する義経を比叡山の悪僧(僧兵)らが庇護しており、その中の俊章という僧は、義経を奥州まで案内したとされます。
また文治5年(1189年)1月13日には、義経が京に還る意志を書いた手紙を持った比叡山の悪僧・千光房七郎が北条時定(時政の甥)に捕縛されていたとか。この七郎は『吾妻鏡』文治四年(1188年)8月17日条によれば、悪徒浪人を集めて悪行を働いた咎でお尋ね者になっていた僧侶で、これら義経を庇護した複数の比叡山悪僧の所業が集められ、誇張されて武蔵坊弁慶の伝説が構成されたのではないかとする説があるそうです。

武蔵坊弁慶は実在したのかどうか調べてみた

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #歴史 #人物 #歴史Tシャツ #日本 #tシャツトリニティ #平安 #平家物語 #怪力 #比叡山 #僧兵 #源氏 #豪傑 #荒法師

– – – – – – – –

帝都Tシャツ店は、豊富なラインナップをお客様に楽しんでいただけるよう、
デザインTシャツの受注生産販売WEBサイト「デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】」を通じて、
Tシャツを販売しております。
こちらですと、お好きなデザインのTシャツを、お好みのサイズ・色のTシャツでお求めいただけてたいへん便利な上、
様々なラインナップをご用意できるメリットがあります。

尚、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。
下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html

「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストもいつでも
受け付けておりますので、SNS等でお気軽にお声かけ下さい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA