大口真神 God of Japanese Wolf Tシャツ

黒柄・半袖 – Black Design/Short ①

黒柄・半袖 – Black Design/Short ②

黒柄・長袖 – Black Design/Long

黒柄 – Black Design

人語を理解し、人間の性質を見分ける力を有し、善人を守護し悪人を罰するものと信仰される、日本狼の神格、御神犬とも呼ばれる大口真神のTシャツです。

大口真神とは – コトバンク

武蔵御嶽神社の「おいぬ様」のお札がモチーフです。

おいぬ様

真神は古来、聖獣として崇拝されてきました。また、猪や鹿から作物を守護するものとされました。人語を理解し、人間の性質を見分ける力を有し、善人を守護し、悪人を罰するものと信仰されてきました。
また、厄除け、特に火難や盗難から守る力が強いとされ、絵馬などにも描かれてきました。

大和国にある飛鳥の真神原の老狼は、大勢の人間を食べてきたため、その獰猛さから神格化され『万葉集』巻八には「大口の まかみの原に ふる雪は いたくなふりそ 家もあらなくに」(舎人娘子)と記され、少なくとも8世紀からみられるとか。
この「大口の真神原」には後に飛鳥衣縫造祖樹葉(あすかきぬぬいのみやつこ の おや このは)の邸宅があったとされ、用明天皇の代に蘇我馬子が寺の建立を発願、崇峻天皇の代に館を廃し法興寺(後の飛鳥寺)の造営が始まったとされます。

現在も埼玉県秩父地方の神社を中心に、狼が描かれた神札が頒布され、信仰を集めています。
このすぐ南の武蔵御岳山上の武蔵御嶽神社には『日本書紀』の記述に基づく「おいぬ様」の伝説があり、日本武尊の東征の折、邪神が大鹿の姿で現れたのを野蒜で退治したが、その時に大山鳴動して霧に巻かれて道に迷ったのを、そこに忽然と白い狼が表れて道案内をして、無事に日本武尊軍を無事に導いたので、尊は「大口真神としてそこに留まるように。」といったと伝わります。
大口真神は江戸時代の天保年間ころより盗難除け・魔物除けとしての信仰が盛んになり、本殿のおいぬ様の狛犬はブロンズ製(1807年の作)で、本殿前の像は北村西望の作(1985年奉納)であるそうです。
(Wikipediaより)

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #歴史 #動物 #歴史Tシャツ #日本 #tシャツトリニティ #オオカミ #神話 #神社 #狼 #神道 #神獣 #信仰 #山犬

– – – – – – – –

帝都Tシャツ店は、豊富なラインナップをお客様に楽しんでいただけるよう、
デザインTシャツの受注生産販売WEBサイト「デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】」を通じて、
Tシャツを販売しております。
こちらですと、お好きなデザインのTシャツを、お好みのサイズ・色のTシャツでお求めいただけてたいへん便利な上、
様々なラインナップをご用意できるメリットがあります。

尚、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。
下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html

「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストもいつでも
受け付けておりますので、SNS等でお気軽にお声かけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA