海行かば If I go away to the sea Tシャツ

Pocket
LINEで送る

半袖 – Short ①

半袖 – Short ②

長袖 – Long

パーカー – Hoodie

柄 – Design

大東亜戦争当時、盛んに愛唱され「準国歌」「第二の国歌」と呼ばれた国民歌謡の一つ「海行かば」をモチーフとしたTシャツです。

海行かばとは – コトバンク

作曲家の信時潔が日本放送協会(NHK)の嘱託を受け、1937年に作曲。
詞は、『万葉集』巻十八「賀陸奥国出金詔書歌」大伴家持作の長歌から採られており、作曲された歌詞の部分は、「陸奥国出金詔書」(『続日本紀』第13詔)の引用部分にほぼ相当します。
これは、天平21年(749)4月1日、陸奥国で金が初めて国内から産出したことを賀した詔が出されたおり、そのなかで、大伴氏が先祖代々「海行かば」を家訓として忠誠に励んだことに触れてあったのに対し、家持が感激してつくったものであるそうです。

大東亜戦争当時、出征兵士を送る曲としてなど国民・兵士に広く歌われ、真珠湾攻撃成功を伝える際の戦果発表で流されるなど「準国歌」「第二の国歌」ともいわれるほどでした。

その荘重で美しい調べは、昭和初期の軽薄な世相を正し、非常時態勢下の国民の自覚を高める意図があったのだそうですが、戦争末期にはラジオ放送の戦果発表(大本営発表)が玉砕を伝える際に、必ず冒頭曲として流され、弔歌の色合いを濃くしていきました。

戦後は事実上の封印状態が続いた為、現在ほとんど浸透していませんが、その背景を考えればもとより、ただ純粋に歌曲としても心の琴線に触れる素晴らしいものだと想います。

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #歴史 #歌 #歴史Tシャツ #日本 #tシャツトリニティ #国歌 #大東亜戦争 #玉砕 #英霊 #御先祖 #万葉集 #軍歌 #海軍 #第二次世界大戦

– – – – – – – –

帝都Tシャツ店は、豊富なラインナップをお客様に楽しんでいただけるよう、
デザインTシャツの受注生産販売WEBサイト「デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】」を通じて、
Tシャツを販売しております。
こちらですと、お好きなデザインのTシャツを、お好みのサイズ・色のTシャツでお求めいただけてたいへん便利な上、
様々なラインナップをご用意できるメリットがあります。

尚、街で普通に買う際よりは大きめだと思ったほうがよさそうです。
下記の着丈等を必ずチェックしてからご購入くださいませ。
https://www.ttrinity.jp/spec/085cvt.html

「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストもいつでも
受け付けておりますので、SNS等でお気軽にお声かけ下さい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA