マリー・アントワネット Marie Antoinette フランス王妃 歴史人物Tシャツ Historical Figures 098

Pocket
LINEで送る

黒柄・半袖 – Black Design/Short ①

黒柄・半袖 – Black Design/Short ②

黒柄・長袖 – Black Design/Long ①

黒柄・長袖 – Black Design/Long ②

黒柄 – Black Design

ハプスブルク家のオーストリア帝国女帝マリア・テレジアの息女にしてブルボン朝フランス王国国王ルイ16世の王妃、フランス革命の犠牲となった悲劇のヒロイン、マリー・アントワネットのTシャツです。

ドイツ語名は、マリア・アントーニア・ヨーゼファ・ヨハーナ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン。
母はハプスブルク家、オーストリアの女帝マリア・テレジア、父は神聖ローマ皇帝フランツ1世(ロレーヌ公フランソワ3世)。
その第15子(16人兄弟)として愛されて育った。
幼少期のエピソードとしては、1762年10月13日、ウィーンにある皇帝の夏の住まいシェーンブルン宮殿で7歳のアントワネットがモーツァルトに出会い、彼から求婚されたという微笑ましいエピソードが知られている。

母マリア・テレジアの仕掛けた外交革命により、1770年に当時フランス王太子であったルイ16世と結婚。
(漫画『ベルサイユのばら』でも王太子妃となっているが、15世から見て16世は孫なので正確には王太孫妃となる。)
1774年5月10日、15世の死によって16世が正式に国王に即位した。アントワネットも王太子妃から王妃となった。

ヴェルサイユ宮殿のファッションリーダーとしても知られる。
身長154cm、B109cm~90cm、W60cm~48cm、H90cm、足のサイズは23.5cm。
史上でも稀に見る豊かな胸の持ち主であった。
ウェストは下の肋骨を折ってコルセットで矯正している。また抜歯により、顔を小さくしたとされている。
好きな色は、ブルー・グレー。

「美貌、純情な反面、軽率、わがまま」だったとされており、乱費や民衆蔑視によって国民から反発されていた。
ベルサイユの宮廷生活を享楽し、その浪費などから「赤字夫人」「オーストリア女」と呼ばれた。
アントワネットはさまざまな改革に常に反対し、また青年貴族たち(特にH.フェルセン)との情愛に溺れたことで「軽率、浪費家」だったとされている。
1785年の王妃をめぐる、無実の詐欺事件「首飾り事件」も、結果的に国民の反感へとつながった。
1789年のフランス革命に反対し、宮廷の反革命勢力を形成したアントワネットは、立憲君主制派(ミラボーやラファイエットなど)へ接近することさえも拒んだ。
君主制維持を目的として武力干渉を諸外国に要請し、特にウィーン宮廷との秘密交渉を進め、外国軍隊のフランス侵入を期待した。
しかし1789年のフランス革命を経て1792年に失脚。
ヴァレンヌ逃亡に失敗、反革命の中心人物として37歳で1793年10月16日処刑された。サン=ドニ大聖堂に埋葬された。

マリー・アントワネットは何故嫌われる?フェイクニュースで炎上続く

政略結婚で嫁ぎ、フランスの財政を傾け、革命を引き起こした稀代の悪女と言われることが多いが、近年では夫のルイ16世と同様に、その評価が正しかったものではないとも言われる。
まずフランス王家の財政を傾けた直接の原因はルイ14世、15世が行っていた戦争であり、彼女の裁量が許されていたのは国家予算の僅か7~6%にあたる王家の予算、その更に一部だった。
(しかし無類の浪費家で賭博好きだったこと、一部の寵臣のみを偏愛し、宮廷の習慣を無視し、不要な反発を招き、ヴェルサイユの品位の低下させたことは事実である。)

また、国王夫婦に全ての罪がある訳ではなく、大臣たちにも非がある。
マリー・アントワネットに関して言えば、女帝マリア・テレジアの血を引くだけあって、特にフランス革命の混乱期に母親顔負けの辣腕を発揮した。
しかし多くの貴族が命惜しさに亡命し、革命での徹底した名誉毀損によって王妃らしい彼女の勇姿は隠匿され続けたため、判明したのは最近のことである。

なお、余りにも有名な言葉――
「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」
であるが、実際には彼女が生まれる前に別の人物が言った言葉であり、彼女が語ったものではない。
由来とされるのは、ジャン=ジャック・ルソーが著した彼の自伝『告白(フランス語版)』の第6巻に、ワインを飲むためにパンを探したが見つけられないルソーが『家臣からの「農民にはパンがありません」との発言に対して「それならブリオッシュを食べればよい」とさる大公夫人が答えた』ことを思い出したとあり、有力な原典の一つとされている。

(この頁「Wikipedia」及び「ピクシブ百科事典https://dic.pixiv.net/a/マリー・アントワネット」を参照しました)

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #歴史 #人物 #歴史Tシャツ #フランス #tシャツトリニティ #オーストリア #王妃 #皇女 #フランス革命 #ハプスブルク家 #ブルボン朝 #ヴェルサイユ #宮殿 #美貌 # 浪費家 #純情 #処刑

– – – – – – – –

帝都Tシャツ店は、豊富なラインナップをお客様に楽しんでいただけるよう、
デザインTシャツの受注生産販売WEBサイト「デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】」を通じて、
Tシャツを販売しております。
こちらですと、お好きなデザインのTシャツを、お好みのサイズ・色のTシャツでお求めいただけてたいへん便利な上、
様々なラインナップをご用意できるメリットがあります。

着丈等を必ずチェックして、ぜひご購入くださいませ。
また「この人のTシャツが欲しい!」「このグッズはないの?」「文字なしはない?」等のリクエストもいつでも
受け付けておりますので、SNS等でお気軽にお声かけ下さい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA