萩原朔太郎 詩人 歴史人物Tシャツ Historical Figures 065

Pocket
LINEで送る

黒柄・半袖 – Black Design/Short

黒柄・長袖 – Black Design/Long

黒柄 – Black Design

大正時代、口語体の自由詩に研ぎ澄まされた感覚的表現を持ち込んで新しい詩風を確立、近代詩の新しい地平を拓き「日本近代詩の父」と称される、萩原朔太郎のTシャツです。

萩原朔太郎とは – コトバンク

高村光太郎と共に「口語自由詩の確立者」とされる萩原朔太郎。
言葉選びの愉しさ・驚き、印象の鮮烈さ繊細さが詰まった彼の作品は時々読み返すと時間を忘れてしまいます。

新しい芸術に強くひかれる一方で、実生活上では医師の長男でありながら、中学卒業後五高・六高・慶応大学などを転々、すべて中退に終わり、生涯定職に就かなかった負い目の意識、2度の離婚、最初の離婚にまつわる家庭内のいざこざが原因で次女に知的障害が残るなど、親の期待にそむく苦痛や郷土人との疎隔感による現実への不適応などに苦しみ続けました。

こうした背景の中で、虚無感、倦怠感、みずみずしい抒情、冷徹なシニシズム…幅広い表現を病的ともいえる鋭い感受性で展開するのが特徴ですね。

代表作に詩集「月に吠(ほ)える」「青猫」「純情小曲集」「氷島」、詩論「詩の原理」、アフォリズム集「新しき欲情」「虚妄の正義」など。

萩原朔太郎の青空文庫はこちらからどうぞ!

色褪せることのない164もの作品が無料で愉しめます…いやぁ、いい時代です。

こちらなどもご参考にどうぞ。
萩原朔太郎のおすすめ作品5選!詩人独特の世界に浸る

#tee #tshirt #Tshirts #tシャツ #歴史 #日本 #Japan #詩人 #文学 #口語詩 #近代詩 #詩 #東京 #群馬 #前橋 #批評 #writer #poet #poetry #literarycriticism #大正 #昭和 #modern #colloquial #literature #tokyo #gunma #maebashi #taisho #showa


オンラインストアのご案内

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA